無料
エロ
動画

郭晶晶? 郭晶晶の幸せとは・・・

  • 2008/09/14(日) 12:42:20

関連ブログ 郭晶晶





北京オリンピックのDVDを見ていてふと気づいた事があった。(見逃した種目やシーンを再度見るのが最近の私の日課である)

飛び込みの女子で優勝した中国の伝説的ヒロイン郭晶晶が見事優勝し金メダルを授与されているシーンである。
表彰式でメダルのプレゼンターは元来、各国のオリンピック委員会の会長や国際オリンピック委員会の要職にある人物が行うのだが女子の飛び込みのプレゼンターを担当したのは香港のオリンピック委員長であった。




なにも不思議でないはずのこの事実。

実はこの人はかねてから郭晶晶が交際を噂され今年の春には妊娠、結婚そして衝撃の引退説まで流れた相手で香港在住の資産家・実業家の御曹司ケネス・フォクの父親なのだ。偶然なのか中国の意図する何かの戦略なのかはわからないが何気に見逃しがちなこの事実をゴシップ紙の記者のような目で見てしまい思わず笑ってしまった。

しかし、この郭晶晶という選手の精神力は凄いという言葉しか出てこない。中国3大ビッグスターといわれた男子バスケットのヤオ・ミンや陸上の劉翔が怪我もあり思うような結果が残せなかったのに対しプライベートまで面白おかしく書き立てられたこの国民的ヒロインはそのプレッシャーをものともせず金メダルをしっかり物にした。
しかも2大会連続で出場した2種目のどちらも金メダル獲得である。

中国で流れるテレビコマーシャルでコカ・コーラやマクドナルドなどの世界的企業から日本の東芝など沢山のコマーシャルにその美貌とカリスマ性をかわれ連日ひっきりなしに登場している。テレビで郭晶晶を見ない日は無いぐらいだ。

そんな彼女ももう27歳。現役引退し本当に結婚するのか?という噂が現実のものになってもおかしくない年になってきた訳だ。アスリートとしての彼女をもう少し見たい気もするが本当の幸せを掴んでもらいたい気もする。破天荒な性格と言動で中国国民全員から注目を浴びてきた彼女の本当の幸せとはいったいなんなのだろうか?答えは本人しかわからないのだろう。



寺内健  二人三脚 宝塚のやんちゃ坊主と鬼コーチ

  • 2008/08/21(木) 10:27:18

師弟の大きな夢を乗せた秘密兵器の大技は失敗に終わりその夢の終焉を見た。

競泳選手を目指し幼いころから地元の宝塚市のスイミングクラブに通っていた時に遊び半分で飛び板に乗りぴょんぴょんはねる小学5年の寺内選手を見て一人の中国人留学生が「この子は五輪に行ける」と直感した。

その日に本人と親を説得しなんとか飛び込みをやることに決まったが、家族は勿論本人も半信半疑で夢への第一歩が始まった連日4〜5時間の猛練習が当たり前の様に続く。
体が硬い寺内選手。中国出身の鬼コーチは泣きながら柔軟体操する寺内選手の背中に全体重をかけて押した。あいさつをしないだけで厳しく注意するなど選手としてだけでなく一個人として礼儀作法から徹底的に教え込んだ。

指導を始めてからすぐに結果がついてきた。

鬼コーチの直感と指導法は天性の才能を瞬く間に開花させた。初めて日本選手権を制した時、寺内選手はまだ中学2年。しかも飛び込みの練習をして3年で日本一にまで登りつめた。16歳で初めて参加したアトランタオリンピック。

5年で約束のオリンピックの舞台に連れて行った鬼コーチは更なる野望を持つ事になる。「表彰台に立つ事」来日から10年たった鬼コーチは日本国籍を取得し寺内に懸けた。寺内もその強い想いがわかっていた「国を捨てて日本に帰化してまで俺を育ててくれている」

そう思うといつしか「オリンピック」という舞台は2人の共通の夢になっていた。そして2000年シドニー、2004年アトランタと共に8位入賞するなど着実に力をつけ秘密兵器まで手に入れ臨んだコーチの母国「中国」で開催された北京オリンピックで表彰台を目指した。




前半の3本を終え、3位と約15点差の7位タイ。上位を狙って大技、秘密兵器「前逆宙返り3回半」を迷わず選択した。しかし、大きく着水が乱れ逆に順位を落としてしまう。




残りは2本。あきらめない寺内選手は最後まで鬼コーチの指示に耳を傾けた。自分らしい演技を貫くことが2人の信条だった。

4度目の五輪だったが、成績は最低だった。最後の6本目を飛び終えるとコーチが歩み寄った。右手を差し出し、肩をたたきながらこう耳元で言った。

「健、最高の6本だったょ。長く辛い日々をよく頑張ってついてきてくれたね。本当にありがとう」と。
「コーチと一緒にここまで来られて幸せです」寺内選手も涙をこらえられなかった。宝塚のやんちゃ坊主と鬼コーチの夢が終わった瞬間に僕も涙が止まらなかった。



郭晶晶

  • 2008/02/28(木) 13:08:07

北京の国家水泳センターで行われている飛び込みの世界最高峰、W杯の女子3m板飛び込みの決勝が行われ地元・中国の両エース、郭晶晶と呉敏霞が登場し
白熱の優勝争いを演じた。




中国最高のスター美人アスリート郭晶晶が登場とあって地元・北京は大興奮である。

この中国が生んだ史上最高のヒロインは天才的な飛び込み技術を見せる反面、幾多の問題発言や男性遍歴を公にされ中国のみならず世界中で注目される選手である。

スポーツ雑誌よりもゴシップ紙の一面を飾った回数の方が多い極めてまれな中国の選手である。しかし実力は世界トップといっても過言ではない。

しかし、その郭晶晶は3回目の試技で大きなミスを犯してしまい最後までその差が埋まらずライバル呉敏霞に優勝をさらわれてしまう

一回目を飛ぶ直前、飛び込み台の裏で入念なウォーミングアップする郭晶晶を目にした。何度も何度も、体の動きをシミュレーションし、体のたたみ具合や跳躍のタイミングをチェックしている。
その表情は、能面のように硬かった。なぜかリラックスして見える欧米を中心としたライバル選手たちと異なり、郭晶晶には競技に向かう前から『悲壮感』を漂わせている。

いつもは試技寸前までガムを噛み音楽を聴き誰よりもリラックスした表情で試技に臨む選手がその「ルーティン」を変えるほどのプレッシャーがかかっていたというのか?

記者会見中に携帯をいじり、気に入らない質問には無視(正確には聞こえないらしいが)をきめこみ、皮肉たっぷりな答えをするちょっとした悪童ぶりが彼女の魅力でもあったのに・・・

それだけ欲しいタイトルだったのだろうか?
中国国家的ヒロインと称されその才能と美貌でエースにまで上り詰めた郭晶晶が再び北京でオリンピックで輝きを取り戻すのか?

今から楽しみになってきた。




close