無料
エロ
動画

高梨沙羅 天才女子中学生ジャンパー

  • 2012/02/24(金) 13:29:44

ノルディックスキーの世界ジュニア選手権ジャンプ女子(HS109メートル、K点95メートル)で15歳の中学生、天才ジャンパー高梨沙羅(北海道・上川中)は1回目で最長不倒の108・5メートル、2回目に107・5メートルを飛び、276・5点で日本女子で初めて優勝を果たした。









今季W杯9戦で6勝を挙げている17歳のアメリカの天才サラ・ヘンドリクソンを抑えての見事な優勝だった。

2014年ソチ五輪から正式種目に採用されるノルディックスキーの女子ジャンプはヨーロッパの列国が躍起になって強化をしている種目である。1月に第1回冬季ユース五輪で金メダルを獲得し初代女王に君臨しW杯でも2位3度の日本が誇る「ソチのホープ」こそが高梨沙羅である。

圧倒的な強さを見せつけたNHK杯と全日本選手権。いずれも中学生として初めて表彰台の頂点に立った。それでも、全日本選手権後の本人のコメントは「一本目も2本目も失敗した。納得できない」と厳しいものだった。中学生にしてこのストイックさこそが彼女の最大の武器であろう。「よくないイメージを海外に持っていかないようにイメージトレーニングをしたい」と海外への移動中「iPodで好調時のジャンプ映像を見て修正に取り組みたい」余念がない。

バンクーバー五輪フィギュア女子金メダリストの韓国のキム・ヨナからプレッシャーの対処法「大声で歌うとか、あくびをするとか、勉強になった」とメンタル面についても学んでいる。

身長150センチと小柄な中学3年生は今日のような大きな大会でも「1回目でいいジャンプができたので、落ち着いて飛べた」と冷静に振り返った。試合後、外国メディアにせがまれて「鳥のように飛ぶ」とサインした。
飛躍中に滑空する鳥をイメージする飛躍について担当コーチは「空中でスピードをロスすることなく飛んでいくのが長所」と説明した。

まだ15歳。飛ぶたびに記録を出し続け安定感すら漂わせるジャンプに関係者の間からは「五輪でも最もメダルに近い」と評される

期待される高梨沙羅の進化が止まらない。

2014年のソチオリンピックが今から待ち遠しい限りである

トーマス・モルゲンシュテルン   オーストリアの21歳の天才ジャンパー

  • 2008/01/04(金) 12:06:30

トリノ冬季五輪ラージヒル金メダリストの21歳、トーマス・モルゲンシュテルン(オーストリア)が凄い!




今季第1戦から6戦全勝で開幕連勝の記録を塗り替えた。
残念ながら記録はここで止まるがここまで8戦してなんと7勝という離れ業。ヘルメットを取ると金髪の極々普通のヨーロッパ人の感じだが190cm近くある身長と60kgそこそこのジャンプの為に生まれてきた様な恵まれた体格を生かしつつ、踏み切りのタイミング・強さに飛び出しの角度に至るまで完璧にこなすまさにジャンプの天才だ。

ジャンプ競技に使うスキーの長さは身長の高い者が長い板を履けスピードに乗りやすく徳をするという日本人泣かせのルールがある。
これは船木や原田・岡部や葛西など次々スターを輩出しワールドカップで常に上位を伺う日本を泣かせるジャンプ発祥の地で人気、実力復建に躍起になったヨーロッパ人が考えたルールなのだ。

もともと日本人はどんなスポーツにおいても世界と戦う際には常に体格・フィジカルの差を考慮して作戦や戦術を編み出してきた実に賢い国民であり、その成果があるとスグにルールを変えられてしまう不運というか弱者的というかそういう国民でもある。

その身長の高い者が有利なルールを活かしたモルゲンシュテルンはいまや敵なしと評されている。

「戦う気にもなれない」とライバル達が白旗をあげ、あきらめ、ただただ大きな放物線を描くモルゲンシュテルンのジャンプを二本見るだけの感じだ。

但しモルゲンシュテルンの凄いところはルールに守られたチャンピオンでなく、踏み切りや上空での姿勢や着地に至るまで芸術品といわれるほどの高度な技術をもっているのだから日本の選手、関係者も誰も文句は言えず、それどころか研究してまねをしようとしてるのである。

そこに彼の凄さがある事を大きく伝えたい。




トリノで金メダルを取った時に真っ先に抱擁を交わした相手は親でもコーチでもなく恋人だったという21歳の若者。

トリノオリンピック中継で映った色んな国の美女、選手も観客も含めて一番綺麗な女の子と抱き合った21歳の若者。

そんな21歳はこの先何勝するのだろうか?マッチ・ニッカネンの通算46勝(だったと思う)や総合優勝4回の記録を何歳で塗りかえるのだろうか?もともとジャンプの盛んな国、オーストリアの英雄ゴルドベルガーやビドフェルチェルの記録に関しては今年か遅くても来年には塗り替えそうである。ジャンプの申し子「トーマス・モルゲンシュテルン」をぜひ覚えておいてほしい。


close