無料
エロ
動画

田児賢一

  • 2010/03/31(水) 01:04:58

田児賢一が遂げた偉業は日本の男子バトミントン界にとって大きな一歩になるだろう。”オグシオ”(小椋・潮田)ペアや北京オリンピックで活躍した”スエマエ”(末綱・前田)ペアなど女子ダブルスは世界レベルで戦えていたがシングル、特に男子は世界からは大きな後れをとっていた。100回目を迎えた全英オープンに出場した20歳の田児賢一が日本人44年ぶりの決勝に進出し惜しくも敗れたが準優勝に輝いた。全英オープンとは100回目の開催という古さだけでなく開催当時から世界最高峰の大会と位置づけられ世界選手権やオリンピックよりも重きを置く権威ある大会である。そんな大会での快挙にもっと大きく報道されてもいいのではないか?と思うのだが・・・





両親ともバトミントン選手で特に母親は”ダブルスの神”と呼ばれ全日本選手権で8度も優勝した名プレイヤーだった。そんなバトミントンDNAを引き継いだ天才は早くからその才能を開花させ世界に通用する素質として注目されていた。

小学生時代から才能を開花させた若き天才は小学生、中学生、高校と各カテゴリーで日本の頂点に立ち高校生で日本のナショナルチームに選ばれ更には19歳4か月という史上最年少の若さで全日本のチャンピオンになるなど勢いは止まることはなかった。

男子のバトミントンは約200kmとも言われる高速スマッシュの攻防が魅力であるが田児の持ち味はたぐいまれなラケットさばきと軽快なフットワークで相手の攻撃を完璧に防御し、さらにパワー任せの攻撃ではなく正確にコースに打ち分けられるテクニックとノーモーションスマッシュを駆使するなどタイミングを見事にまで外すなど若さとは裏腹なまでの老かいな試合運びを見せる。相手の調子を見極めては弱点を瞬時に見抜き器用なまでにそこを突く。そのテクニックは既に世界最高クラスと称されている。





全日本を2連覇し臨んだ今大会は準々決勝で北京オリンピックの銅メダリストを破ると勢いはさらに増し準決勝も突破、ノーシードながら決勝で世界ランク1位で今大会の第1シードのリー・チョンウェイ(マレーシア)と対決。第1セット中盤までリードするもらしからぬミスを連発してしまい惜しくも優勝はならなかった。それでも今大会では田児賢一のテクニックがひと際、際立っていた事は明白で世界中から注目を浴びた。一気にロンドンオリンピックの主役に躍り出そうな今大会の活躍だったと思う。





田児賢一という名を是非、覚えておいてもらいたい

村上佳菜子 世界を制した氷上のあやや

  • 2010/03/30(火) 07:44:18

村上佳菜子。”氷上のあやや”とマスコミから騒がれていたアイドルスケーターが世界ジュニアの女王に立った。




「フィギュアスケートは大好きだが勝ち負けを決めるのは嫌だ」と言い張っていた15歳の天才少女が世界一になりリンクで満面の笑顔を振りまいた。伊藤みどりを育て浅田真央を見出した名コーチ、山田満知子コーチが「私の教え子の中で才能だけはトップ」と言い張るだけの才能は誰もが認めるところだった。しかし大きな大会になればなるほど自分の力を出し切れない村上佳菜子がいた。緊張から大きなミスを犯すわけでもない、プレッシャーから自分の力を発揮できない訳でもない。





トップレベルの大会に行けばいくほど村上自身が憧れたり目標としてきた選手と戦う事になる。そんなトップスケーターに対しライバルというよりあこがれのアイドルを見る乙女のようになってしまうのだ。全日本選手権では同じフィールドに立ちながら同じスケートクラブ出身の浅田真央の演技に見とれ、同じく一目を置く鈴木明子の演技に涙を流して感動し、同じリンクでの練習時間にライバルの選手にリンクを譲るなどおよそ戦う選手同士という関係になれずに得点や順位に執着を見せないのだ。これが村上の大きな弱点であった。

それでも村上佳菜子の技術はレベルが高い。表現力はキム・ヨナ2世と呼ばれジャンプの技術の高さは浅田真央の再来と呼ばれている。つまりキム・ヨナと浅田真央をミックスさせた素質を随所に見せてくれる。15歳とは思えない表情と手先、指先まで伸びた表現力はまるで氷上でダンスを踊っているかのようでジャンプでも3回転+3回転を跳ぶなど数種類のジャンプをほぼ完璧に跳ぶ。しかも浅田真央でさせスランプに陥った身長の急激な伸びによる体幹バランスの変化にも惑わさせることなく身長の伸びに関係なくバランスを崩すことなく跳び続けた。

「とにかく笑顔で踊りたい」と言い続ける天才少女はバンクーバーオリンピックをテレビで見て新しい感情が生まれたらしい。「あのリンクに立ちたい」早くからソチオリンピックの星と言われてきた村上はその出場を目標にしたことはなかった。前述の「大きな大会では戦いたくない」という思いが強くあったのだが今は「憧れの先輩たちと同じリンクに立ってみたい」と少し前向きとなったようだ。しかしまだまだ「あの選手たちを倒したい、オリンピックの金メダルが欲しい」と思わないところが村上佳菜子らしい。

これからは過剰な程にマスコミに追われ続ける日々が続くだろう。少なくとも4年後のソチオリンピックまでは。そんな状況にも負けずどんな時でも満面の笑顔で楽しくリンクの立ってもらいたいと思う。それが村上佳菜子の一番の魅力なのだから。




島袋洋奨 (沖縄・興南高)

  • 2010/03/29(月) 05:18:57

一年生から沖縄の名門・興南高校のエースとして活躍する九州一のサウスポーが甲子園のマウンドにリベンジをしにやってきた。東海大相模の一二三や神戸国際大付属の岡本、帝京の伊藤らが注目される中、僕はこの左腕を是非推したい。一年生の県予選準決勝でその年の春に選抜全国制覇を成し遂げた沖縄尚学のエースで現在大学で大ブレイク中の東浜を相手に熱闘を演じ一躍有名になりプロ注目のピッチャーとなった左腕エースが島袋洋奨 (しまぶくろ・ようすけ)である。





右、左は違えど野茂を彷彿とさせるトルネード投法で抜群のキレ味を誇るツーシーム、カーブ、スライダーなど精度の高い変化球を巧みに投げ分け、ストレートもMAX145kmを計時し申し分ない。
走者を釘付けにする頭脳的な牽制球や高校生ばなれしたフィールディング技術などセンスの高さを見せつける天才肌のサウスポー。






昨年の春に出場したセンバツでは一回戦の富山商業戦で延長10回19奪三振を奪った快投でその名は一気に全国に知れ渡った。この時は惜しくも敗れたものの可能性を感じさすには十分な活躍で僕は岩手の花巻東の菊池が卒業した後は間違いなく高校NO1左腕だと思った。さらにその年の夏に出場した時は優勝候補の呼び声が高かった大分の明豊相手に8回迄に3点のリードを奪うもまさかの逆転負けを喫するなど不運に付きまとわれているがその潜在能力は抜群だった。

あれからひと冬を越し体重も5kgも増え下半身の強化が進みますます大きくなった感がある島袋がいよいよ全国制覇を夢見て帰ってきた。史上空前の大混戦、どこが勝ってもおかしくない正に戦国大会の優勝を虎視眈々と狙う左腕。「ひと回り大きくなった自分の姿を甲子園で見せたい」と島袋も意気込んで臨んだ初戦は14奪三振、1失点完投と十分なスタートを切った。ここまで甲子園の魔物を2度も見た島袋が成長した姿が今から楽しみになってきた。

次戦はいよいよ今大会屈指の強力打線を擁し名将高嶋監督率いる智弁和歌山だ。


close