無料
エロ
動画

鎮西まゆみ史   史上最年長ルーキー誕生

  • 2010/08/16(月) 01:26:24

先日行われた日本女子プロゴルフ協会(LPGA)プロテストで合格し晴れて「プロ」とよばれた選手の中にひときわ注目を集めるオールドルーキーがいた。

史上最年長ルーキーが誕生した瞬間だった。

鎮西まゆみ。43歳。

24歳でゴルフを始め、29歳からプロを目指し、15年目の挑戦で受けたプロテストは実に8回目。ついに大きな夢を実現させた。史上初の「40代合格」の偉業を成し遂げたのだ。

過去の記録はさかのぼる事25年前。1985年に38歳で合格した藤本麗子選手の記録を大幅に更新する大偉業である。

しかも昨今のゴルフ界の低年齢化のスピードは速く、10代でのプロ選手も珍しくない近年では異例中の異例と言っても過言ではないだろう。

24歳でゴルフを始めた時点ですでにスタートに大きく出遅れているのにあきらめず「プロ」の称号を得るまでの頑張りは尋常では無かったのでないかと容易に想像がつく。

「長かったです」と報道陣の前で流した涙は本当に実感がこもった涙だったと思う。
気温35度超の猛暑の初日は4オーバーとやや出遅れたが、てんこうが 落ち着いた2日目はパープレーと耐え、暴風雨となった最終日。上位陣が天候と極度のプレッシャーの中大きくスコアを落としていく中、経験豊富な43歳・鎮西まゆみは冷静さを保ちこの日はベストスコアの2アンダーで回り通算成績2オーバーの4位で合格したのだ。

「ゴルフは大好きなので、ほかのことは考えられなかった。これからも経験を積み、稼げるプロになりたい」43歳のオールドルーキーは真っ赤な目で次なる挑戦を誓った。

最後には「ツアーで1勝したいと、ひそかに思っています」と報道陣に向かって笑顔を見せてくれた。

鎮西まゆみプロの挑戦は今、始まったばかりである。

追伸・・・実はこの日、41歳の小久保由加里も6度目の挑戦で見事合格し、40歳以上の“オールドルーキー”が鎮西まゆみと合わせて2人生まれたという実に珍しいプロテストとなったのだ。


リカルジーニョ  フットサル界のスパースター

  • 2010/08/04(水) 15:30:37

この人のプレーは是非、一度生で見ていただきたい。


世界的スーパースターが日本で見られるのだ。フットサルのFリーグに所属する名古屋オーシャンズにリカルド フェリペ ダ シルバ ブラガというポルトガル人が入団した。

彼の事をフットサル界のクリスチアーノ・ロナウドと呼ぶ。
通称・リカルジーニョ。

若干15歳でフットサルのポルトガル代表に招集された天才テクニシャンは スペインやイタリアのビッグクラブから獲得の打診が沢山あったが彼がプロのキャリアを始めたSLベンフィカ時代に指導を受け現在、名古屋の監督を務めるアジウ監督の下でプレーする道を選んだのだ。

昨年のヨーロッパフットサル選手権で最優秀選手賞を獲得しチームも準優勝に導いた24歳である。あのリカルジーニョが日本でプレーするというのだ。
現役No.1とも謳われるフットサルプレーヤーのFリーグ参戦で活気づくのは間違いない。
たった一人でFリーグの歴史を変えるかもしれない天才的プレイヤーである。
Fリーグでこれまで全く見たことの無い想像を超えたプレーが見られることになる筈である。移籍金は明らかにされていないが一体いくら払ったのだろうかと下衆な質問をしたくなるような選手である事を強く言っておきたい。入団記者会見でも「全タイトルが取れるように貢献する」

「会場に足を運び、フットサルの魅力を感じてほしい。必ず満足させるプレーをする」と宣言するあたり本気度も伝わってくる。

リカルジーニョ。名古屋オーシャンズのこの選手に是非、注目していただきたい。


close