無料
エロ
動画

米田一典 女子バレーボールの名将逝く

  • 2012/02/27(月) 10:33:45

バレー王国広島県の名門崇徳高校出身で高校時代は柳本晶一全日本女子監督と同じセッターということもありしのぎを削った間柄だった米田一典氏がこの世を去った。

法政大学在学中に卓越したバレーボール理論、戦術解析に長けたクレバーさを買われ当時はまだまだ弱小チームの日立女子バレーボール部にコーチとして就任した。

その後、監督に昇格し江上や三屋らを育てあげ日立を常勝チームに育て上げた。1974年には全日本女子チームコーチに就任し山田重雄監督の片腕として手腕を発揮しモントリオールオリンピック金メダル獲得に大いに貢献した

1984年ロサンゼルスオリンピックでは全日本女子監督に就任して当時の日立の選手を中心に銅メダルを獲得するなど世界レベルでもコーチとして監督として高い評価を得た名将だった。

その一方で日立の監督として活躍した2001年に日立製作所本社の合理化の一環として日立ベルフィーユ廃部してしまう。日本リーグ史上最高優勝回数を誇る名門ですら親会社の景気次第で廃部に追い込まれてしまう日本の企業スポーツの限界を感じながら米田はチーム全体移籍の受け皿企業を確保しようと奔走したが、折からの景気低迷で全体移籍は適わなかった。

一企業丸抱え型のチーム運営に限界を感じた米田は香川県の高松市で地域密着型スポーツ振興を目指してNPO法人J-HOTバレーボール連盟を設立し自ら理事長に就任。

香川県内でバレーボール技術指導活動をしながらサッカーのJリーグを見習った地域密着の新クラブチーム発足の準備を進めた。2005年4月に女子バレーボールのクラブチーム四国Eighty 8 Queenを発足させ初代監督に就任。着実に力をつけ2007年、実業団地域リーグで優勝し、入替戦で勝利してチャレンジリーグ昇格を果たすまでになった。

Vリーグ昇格も夢でなくなった矢先に四国Eighty 8 Queenは資金不足で活動休止となってしまう。新たなスポンサーを見つけ本拠地を仙台に移転し仙台ベルフィーユとして再出発した矢先、震災に見舞われその活動も制限されることになる。更には肺がんが見つかり監督を退くことにもなる。

闘病しながらも試合会場にはいつでも姿を見せ車いすに乗り点滴を打ちながら、ベンチで選手にゲキを飛ばしたという。

クールでいて冷徹で寡黙な米田一典。しかし低迷し続けた女子バレーボール界をいつでも憂い考えなんとかしようとする姿は熱い心の持ち主なんだと感じれるには十分だろう。

米田一典。享年61歳。まだまだ女子バレー界の為に尽力してほしかったが・・・・
 

高梨沙羅 天才女子中学生ジャンパー

  • 2012/02/24(金) 13:29:44

ノルディックスキーの世界ジュニア選手権ジャンプ女子(HS109メートル、K点95メートル)で15歳の中学生、天才ジャンパー高梨沙羅(北海道・上川中)は1回目で最長不倒の108・5メートル、2回目に107・5メートルを飛び、276・5点で日本女子で初めて優勝を果たした。









今季W杯9戦で6勝を挙げている17歳のアメリカの天才サラ・ヘンドリクソンを抑えての見事な優勝だった。

2014年ソチ五輪から正式種目に採用されるノルディックスキーの女子ジャンプはヨーロッパの列国が躍起になって強化をしている種目である。1月に第1回冬季ユース五輪で金メダルを獲得し初代女王に君臨しW杯でも2位3度の日本が誇る「ソチのホープ」こそが高梨沙羅である。

圧倒的な強さを見せつけたNHK杯と全日本選手権。いずれも中学生として初めて表彰台の頂点に立った。それでも、全日本選手権後の本人のコメントは「一本目も2本目も失敗した。納得できない」と厳しいものだった。中学生にしてこのストイックさこそが彼女の最大の武器であろう。「よくないイメージを海外に持っていかないようにイメージトレーニングをしたい」と海外への移動中「iPodで好調時のジャンプ映像を見て修正に取り組みたい」余念がない。

バンクーバー五輪フィギュア女子金メダリストの韓国のキム・ヨナからプレッシャーの対処法「大声で歌うとか、あくびをするとか、勉強になった」とメンタル面についても学んでいる。

身長150センチと小柄な中学3年生は今日のような大きな大会でも「1回目でいいジャンプができたので、落ち着いて飛べた」と冷静に振り返った。試合後、外国メディアにせがまれて「鳥のように飛ぶ」とサインした。
飛躍中に滑空する鳥をイメージする飛躍について担当コーチは「空中でスピードをロスすることなく飛んでいくのが長所」と説明した。

まだ15歳。飛ぶたびに記録を出し続け安定感すら漂わせるジャンプに関係者の間からは「五輪でも最もメダルに近い」と評される

期待される高梨沙羅の進化が止まらない。

2014年のソチオリンピックが今から待ち遠しい限りである

大利久美 競歩界のニューヒロイン

  • 2012/02/20(月) 12:53:36

皆さんは競歩という協議をご存知だろうか?男子ではマラソンよりも長い50kmがオリンピックの種目にもなっている過酷な種目である。日本ではまだまだ馴染みがないが今年のオリンピックが楽しみな女性選手を今日は紹介したい。

1時間29分59秒以内!その基準記録を突破して優勝すれば、ロンドン五輪代表に内定するという条件ががかかった2月19日の日本選手権20キロ競歩。見事にその条件をクリアして五輪代表の座を手にしたのは富士通所属の大利久美だった。

競歩界のいや陸上界のニューヒロイン、美女アスリート大利久美が今日のお話し。



「日本記録(1時間28分03秒)も出るくらいの練習はしてきたので……。今は自分でも怖くなるくらい調子がいいけど、前半は抑えて、確実にノルマをクリアして代表を勝ち取るレースをしたいと思います」自信たっぷりにスタートした大利だったがその言葉通りの計算し尽くされた優勝には恐れ入る。




大利は日女体大時代から歩型の正確さは評価されていたが筋力は不足がちでスピードがないタイプの選手だった。だが2008年に富士通入りしてからは、世界を目指す川崎や男子の森岡らに刺激を受けて成長。初出場だった09年世界選手権(ドイツ・ベルリン)で12位に入り少しだけ世界に近づいた。それからは課題の筋力不足を克服すべくウエイトトレーニングなども重視して筋力をつけスピードを上げてもフォームが崩れにくくなったという手応えも感じるようになってきた。


ロンドンへ向けてもまだ入賞とかメダルなどを口にするレベルではないと本人も自覚している。現に昨年の世界選手権ではスローペースになると予想してスピード練習も不足したために、ペースが上がった後半の勝負に対応できず20位に止まってしまったのだ




「入賞となると後半にスピードアップすることを意識していかなくてはいけないが、ロンドンは世界選手権と違って最初から速いペースのレースになると思うからそれに付いていくのが前提になる。だからまずは、前半ついて行けるスピードを付けることが必要になると思います」とロンドンへの課題も明確にわかっている



競歩というまだまだ日本ではマイナーな競技だが彼女のような愛くるしいルックスの美女アスリートが世界と対等に戦えるようになると日本の選手層も一層あがるような気がする。その時はマスコミの力を惜しげもなく使っていただきたい。今後の彼女の活躍に期待している

藤岡貴裕 

  • 2012/02/04(土) 13:50:24

「よかったね、ロッテで」
「はい、いちばん最初にボクを決めてくれた球団だったので」
そう笑ったのはロッテにドラフト1位指名され今季の新人王最有力候補の藤岡貴裕だ。



ロッテは成瀬善久と吉見祐治以外に一軍レベルの先発サウスポー候補がいない。したがって「ローテーション左腕」はここ数年、第一の補強ポイントになってきた。チームの総意として昨年の年頭から「東洋大・藤岡1位」を正式なメッセージとして掲げ、藤岡が投げる日の神宮のネット裏前方には彼の投球をじっと見守るロッテスカウト陣がいた。


「藤岡のフォームでは大学では通用してもプロの世界では通用しない。」そんな評価も一部からあがる。

腕をなかなか見せてくれないから独特のフォーム。右足を踏み込む時の半身の態勢から踏み込んできてギリギリのところで肩の左右をパッと切り換える。そこからズバッと腕を振る。「150キロ」の球もすごいがボールを見せてくれない独特フォームは打者に不安と恐怖を感じさせるには十分だ。その反面、故障しやすいフォームであることは否めない。

ストレートも、スライダーも、カーブもフォークも、持ち球のすべてを構えたミットに投げ込むコントロールの良さはプロの中でもトップクラスであろう。
藤岡は大学時代からボールを握った時のデリケートな指先感覚を大切にして、背中にいやな汗びっしょりかくようなピンチの場面でも、間違っても手首に骨が浮くほどギュッと握ったりしない。常に指先の感覚を一定に保ち続けコントロールには細心注意を払い続けるそういう大人のピッチャーだ。

精緻なコントロール、だからこその球持ちの良さ。努力だけではなかなか得難い大きな財産と才能を武器に藤岡貴裕が1年目からローテーションに食い込み新人王に名乗りを上げる。


close