無料
エロ
動画

興味深い最下位決定戦

  • 2008/10/06(月) 13:28:02

いよいよプロ野球が終盤を迎えた。特にパリーグは本当の大詰めになり、クライマックスシリーズを目指すチームと来季の構想が始まっているチームなど悲喜こもごものこの時期。
引退を決めた選手、監督もいれば残り数試合に自己の記録に挑戦する者などいろんなモチベーションが入り乱れるこの時期のプロ野球はいろんな人間ドラマを生み面白いものである。

今季限りで引退する王監督率いるホークスは王監督がホークスで積み上げた通算1000勝に向け残り3戦3連勝が絶対条件となった。
さらに先発の和田はあの江夏以来の大記録である入団以来6年連続2ケタ勝利に向け先発・中継ぎにフル回転を期す。対する楽天も岩隈20数年ぶりとなる年間21勝、最多勝、防御率、勝率の投手3冠に向け先発する。なにより王監督の最後の年に常勝ホークスが最下位に沈む可能性の回避など見所が多い3連戦になる。

はずだった・・・・

試合前からかもし出していた王監督と野村監督との惜別ムードも試合後には一気に吹き飛んだ。

王監督の怒りが爆発だ。

この日先発の和田は6回KOで6年連続2ケタ勝利への望みを絶たれた。相手投手岩隈の前に自慢の打線もわずか3安打で1点も奪えなかった。
これで王ホークス通算1000勝は消滅。さらに残り2試合で1敗でもすれば12年ぶりの最下位が決まる。
「うちの選手よりプレッシャーはあったと思うがそれを乗り越えられるたくましさが残念ながらうちにはなかった」と怒りをあらわにさせた。「これが実力じゃないし、本来の姿でもない。この敗戦を明日にと言いたいが、来季に生かしていかないと」と怒りは収まらなかった。

一方勝った岩隈は20数年ぶりとなる年間21勝、最多勝、防御率、勝率の投手3冠が確実となりシーズンを終えた。

怒り心頭の王監督と岩隈とエースを褒め称える野村監督の表情が全く違ったのが印象的だった。
王監督のためにも最下位だけにはなって欲しくないというのがホークスファンの最後の願いだろうか?泣いても笑ってもあと2試合で王監督はユニフォームを脱ぐ。最後は王監督の笑顔が見たいとねがっているのだが・・・・



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

close