無料
エロ
動画

Jユース

  • 2008/10/22(水) 12:49:46

9−1。およそサッカーの決勝戦とは思えぬ大差でユース世代日本一を浦和レッズユースが獲得した。
日本の銀河系軍団として大型補強を続ける浦和の次世代を担うであろうスターの原石は既に光り輝きはじめているかのようだった。Jリーグ屈指の戦力を誇るトップチームにこの世代から5人が昇格するという稀代のタレント軍団のゴールショーは全くレベルが違う気がする程、圧巻だった。基本に忠実なパス&ゴーを繰り返し前線にパスを供給していく中盤にサイドからの上がりを待ちながら中央でキープするフォワード陣、速いパス交換から一気にシュート。しかも正確に枠を捉える。名古屋グランパスユースも懸命に守るが高い位置で高度な個人技を発揮して突破されると瞬く間に守備陣形は崩壊した。

今大会は圧倒的な「個=タレント」の集団として強さを発揮したが華やかな勝利の一方で格下に思わぬ苦戦を強いられることも度々ある精神的もろさを露呈しがちのチームだった。しかしチームが一丸となって目の前の敵を倒しに来たらこんなにも強いのかと感心させられた。攻撃の要というかスタート(基点)になっていたボランチからのパスの供給を完全に封じるという作戦にまんまとはまり準決勝ではよもやの大苦戦。ボランチをとめられるとチームは全く機能せ両ウイングはただ行ったり来たりで無駄に体力を使いきりフォワードも完全孤立した。そんな一戦を反省し次戦の試合で見事に克服し大勝するあたりはタレント性と格が違うのだろう。

高校サッカーのレベルの低下がささやかれる、大きな輝きを放ったJリーグのユース世代。ジュニア時代の才能溢れる選手がこぞって高校でなくJリーグの近道であるユースクラブに入団する傾向が年々強くなっている。トップチームでも出場するようなそんな若き才能溢れる集団がまた強烈な個性=タレント性を生み、個がチームになりそのチームは更なる輝きをみせる。今大会優勝した浦和をはじめJリーグのユース世代が日本のサッカーを支えている事実だけは否めないようだ。


この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

close