無料
エロ
動画

鬼屋敷正人 日本最高の身体能力の無名キャッチャー

  • 2009/07/22(水) 01:22:01

高校野球の地区予選が全国各地で行われている。今年はこの秋のドラフトで注目の高校生投手が多いのでプロのスカウト陣も連日日本各地に視察に訪れているようだ。勿論下調べはちゃんとした上で偵察にいくのだろうがそんな中には全然注目していなかった”掘り出しもん”と呼ばれる逸材に出会う事があるそうだ。
三重大会に出場している近大高専のキャッチャー鬼屋敷正人(きやしきまさと)選手が今日の主役だ。

中学生までは柔道部に所属ししかも実力は全国レベルだったそうだ。高校から憧れの甲子園を目指し野球を始めた変わり者でその風貌や経歴から漫画ドカベンの「山田太郎」の再来と地元では騒がれていた。

しかしこの鬼屋敷君は漫画ドカベンの山田太郎よりも凄いのではないか?とプロのスカウトが急に騒ぎ始めたのだ。高専は5年生なので現3年生の鬼屋敷君に元々この秋に指名される権利はなかった。3年間の現役を終え引退しあと2年は勉学に勤しむ野球に関していえば浪人生活を余儀なくされプロ側も指名には消極的だったようだが状況が一変した。

今春にスポーツメーカーが実施した有名・無名高校を問わずしかもスポーツのジャンルも問わずに現役高校生アスリートの体力テストを実施したのだ。スクワットやベンチプレスなど約10項目の基礎体力テストで並み居る強豪高の有名トップアスリートをさし置いて全国総合1位に輝いたのがこの鬼屋敷君だった。

しかもその数値はどれも驚異的で身体能力の高さは半端じゃないと関係者を驚かせた。

こと野球に関しても高校生離れした遠投115メートルの強肩。全国一の身体能力の持ち主がなかでも一番自信があると言い放った「強肩」。プロのスカウト陣も「強肩」を超えて“鬼肩”と驚くほどだ。

キャッチャーの送球、盗塁を刺す送球に一番大事なのは捕球をしてから二塁送球までの時間の短さといわれている。プロのスカウトの基準は2秒を切る事が最低条件とされプロでも強肩捕手の基準値は1秒90といわれている。しかしこの鬼屋敷君は平均1秒70でこの日の最速が1秒64という驚異的な数字もマーク。盗塁阻止率も9割を超えるというレーザービームはまさに“プロ以上メジャーのレギュラー仕様”だ。
 
急遽集まったスカウト陣も絶賛の嵐だ。

「地肩もリストも強い。まだまだ伸びる素材」と高評価だ。5年制の高専3年生は現行規定では指名対象外だがプロ側は規定変更に動きだしている。それだけ各球団にとって鬼屋敷は魅力的な存在になったようだ。

この記事に対するコメント

高専4・5年生が野球において「浪人生活」ではないですよ。地区の大学リーグに参加していると思われるし、毎年夏には高専だけの野球大会もあります。ただ中央からは無名の存在にはなってしまいますが、それだけの逸材ならそれらの大きくない大会でも注目されるはずです。

  • 投稿者: -
  • URL
  • 2009/08/24(月) 21:11:20
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

close