無料
エロ
動画

野杁 正明(のいり まさあき)

  • 2010/06/19(土) 01:36:14

昨年のK−1甲子園で一躍脚光をあびた愛知県に住む高校2年生。「尾張の怪童」と呼ばれる17歳。

野杁 正明(のいり まさあき)。

小学生の低学年から空手を始めたのだがその理由が「いじめ」だったそうだ。小学校入学した時から「いじめ」に会い始めた野杁 正明(のいり まさあき)が一念発起ではじめた「空手」がまさかこんな”天才”を生むとは・・・不思議なものである。

空手を始めて半年後には中部日本ジュニアで優勝し6年生時には全日本ジュニアのチャンピオンで優勝するほどの実力だった。




高校1年生の夏には主催者推薦枠でK-1甲子園に出場し年末のDynamite(ダイナマイト)では前年度チャンピオンでこの世代では絶対王者と呼ばれたHIROYAを圧倒し大差の判定勝ちをし世間を驚かせた。

そのまま優勝しK-1甲子園では初となる1年生チャンピオンになったのだ。高校一年生と3年生ではフィジカルの完成度が全く違うのにそのフィジカルの差を感じさせないパワーとスピードを兼ね備えた天才肌のファイターぶりに関係者も驚きを隠せなかったらしい。

高校2年生になった今季は本格デビューを果たし3連勝といまだK−1では負け知らずである。超高校級にして“怪物”と呼ばれる野杁 正明(のいり まさあき)は更なる進化を続けている。





特に先日行われたプロ第3戦目の相手は昨年の全日本空手大会の決勝でも対戦した選手。空手でも圧倒的な力の差で野杁 正明(のいり まさあき)が勝ったのだがK−1になるとその差はさらに開いたような気がした。





接近しての強打を狙う相手に対し冷精に間合いを測り、前蹴りでストップ、あるいは突き放し試合のイニシアチブを終始握り続ける。さらに相手のディフェンスの隙を見つけては的確に右ストレートと右フックの打ち分けをヒットさせボディブローや顔面前蹴りと憎いほどに自由自在に攻撃をヒットさせ続けた。

左足に大きなダメージを負った相手に対し完全に左ロー一本に狙いを定めサウスポーに構えをチェンジする器用さまで見せた。
普段とは逆のサウスポーの構えでも普段と違和感なく左右のパンチを繰り出し続け、さらには左ローキックも的確にヒットさせ完全に主導権を握った。左ローを効かせた上で跳びヒザで懐へ入り、左ボディフックを打ち込むなど格闘技の玄人ファンをも唸らせる技の多彩さと老かいさだった。

圧倒的な力差を見せつけ最後はストレート一閃でKO勝ちを収めた。左右のパンチと左右のキックをどれも自在に使いこなし、瞬時の判断と巧みな使い分け。そしてそれを可能にする恐ろしいほどの冷静さまで持ち合わせたまさに史上最強の17歳といっても過言ではないだろう。


世界を制する可能性をも秘めている「尾張の怪童」野杁 正明(のいり まさあき)。
是非、覚えておいてもらいたい。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

close