無料
エロ
動画

高橋恵  女子ゴルフ界の新星  プリンセス・メグ

  • 2010/07/11(日) 13:15:29

突如ゴルフ界にシンデレラ中学生が現れた。横峯さくらや諸見里しのぶら日本のトップ女子プロが出場する女子ツアーの下部ツアーとなるステップアップツアーのANAプリンセスカップで長野・佐久長聖中2年の13歳、高橋恵がなんと優勝したのだ。



ステップアップツアーといってもれっきとしたプロツアーをなんと13歳の中学生が制したのだ。もちろん史上最年少の大記録である。

北海道のANAダイヤモンドGCにスーパー中学生が現れた。
共催者推薦で出場した中学2年がプレーオフを制して見事、優勝したのだ
優勝した高橋恵は13歳11カ月19日。

ステップアップツアーではあるが03年に宮里藍が作った国内女子の最年少優勝記録(18歳102日)を大幅に更新し石川遼が07年5月に15歳8か月で打ち立てた世界最年少プロツアー優勝のギネス記録を更新する快挙だ

藤井かすみや山口裕子や高又順らトップツアーの優勝経験者が11人も参加し出場107人中アマチュアは高橋恵と石川遼の妹の石川葉子の2人だけだった。
そんなトーナメントで優勝したのだ。

この日の高橋恵は首位に4打差でスタートし後半に怒涛の4つのバーディーラッシュでトップに立ちプロ選手2人とのプレーオフに臨んだ。

優勝の懸かったプレーオフの1ホール目で2mのバーディーパットをあっさり沈めて優勝してしまったのだ。

「歴史的優勝」にも関わらず13歳の少女は派手なガッツポーズも大喜びの歓喜の涙もなく至って静かで冷静な優勝だった。
中学2年とは思えない大ベテランのような勝ちっぷりと優勝の瞬間。


「まだ勝った実感がわきません。最後のパットも『私が勝っていいのかなぁ?』という感じで、気分は楽でした」とあっけらかんとした受け答えが
初々しい。

「どんな試合でも優勝するつもりで出場しているのでこの優勝は世界一になるための第一歩ですね」堂々と語る中学生。時折あどけない頬を紅く染めた。
「世界を目指すしかない。それには、自分で決断しないといけない」と横浜生まれであったが誘いのあった長野県の佐久長聖中学に進学した。
佐久長聖は中高一貫教育でスポーツにも力を入れておりゴルフ部は全国トップレベルにある。
ゴルフに集中できる環境もそうだが佐久長聖を選んだ最大の理由が「誠実・忍耐・礼節」を掲げる学校の校訓というから恐れ入る。

2人1部屋の寮暮らしでゴルフ漬けの毎日。体力強化のジム通いも始めもともとスケールの大きかったハートに、ビッグな飛距離まで武器に加えた。173cmの恵まれた体格に秒速47mのヘッドスピードは日本のトップ女子プロでも数値は文句なしの数字で世界水準のポテンシャルを持ち合わせる

「当たれば290ヤード、平均で275ヤード」のドライバー飛距離に胸を張り「曲げずに、正確に300ヤードを飛ばせるまで飛距離にこだわりたい」と発言のスケールが大きいのがいい。



国内女子ツアーはプロ資格獲得に「18歳以上」の年齢制限もあるため今すぐにプロになるのは難しいが将来楽しみな逸材であることは間違いない

今大会の優勝で「世界制覇」という大きな野望に向けて大きな自信を獲得したゴルフ界の“プリンセス・メグ”。

文字通りステップアップしていく高橋恵に注目である。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

close