無料
エロ
動画

藤谷周平

  • 2010/10/12(火) 20:33:27

早稲田の三羽烏、斉藤・大石・福井をはじめ中央大学の快速王沢村などの大学生を中心に甲子園を沸かせた沖縄興南の島袋や一二三などの入団先が気になる運命のドラフト会議がいよいよ近づいてきた

各球団の編成部はチームの現状と他球団の動向をこれでもかと調査し当日ギリギリまで情報戦を戦うのだ。

そんなスカウト陣を脅かすようなサプライズ指名が今年も見れるのか?見れるとしたらこの選手を挙げたい

藤谷周平

日本の高校、大学とは一切無縁の南カリフォルニア大に所属する全く無名の快速右腕である。190cm以上の身長から投げ下ろす角度あるストレートは150kmをコンスタントに越え大学3年生時にはメジャーのドラフトでパドレスから指名されたほどの実力者である。


幼少時から渡米しあめりかで人生の大半を過ごした藤谷周平だが日本国籍を持っている為、ドラフト対象者になる。この情報を日本ハムやヤクルトなど数球団がキャッチし既に内偵しているそうだ。

日本球界では無名で、漫画の主人公にすらなりそうなややミステリアスな印象だが漏れ伝わってくる情報によると、藤谷周平が米国で積み上げてきたキャリアは抜群だ。
東京に生まれたものの父親の仕事の関係で渡米。カリフォルニア州のアービン高校では4年間、野球優秀選手として奨学金をもらっていたという。ノーザン・アイオワ大に入学すると2年生からレギュラークラスとして活躍した。3年生だった09年には、21試合に登板して22回2/3で29奪三振、1勝4敗9セーブをマーク。2年時の1セーブと合わせて計10セーブは、同大の史上最多タイ記録となった。しかもその実力を買われて将来を嘱望される選手を取り上げた「トップ・プロスペクト100」にも選ばれた。実力、経歴ともに未知数な部分は多いものの残してきた成績から判断するならば日本の球団で需要の多い中継ぎや抑えとして即戦力となりそうな逸材である。まさに隠し玉という存在である。

ドラフト指名したものの入団拒否されたパドレスの関係者は諦めきれない様子で「日本の球団が確実に指名をするだろう。そして入団するだろう」と話している。

藤谷周平

ドラフト当日にこの名が轟くのは確実ではないだろうか?覚えたおいてもらいたい。


この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

close