無料
エロ
動画

小山 雄輝

  • 2010/10/24(日) 12:48:28

早稲田の斉藤・大石・福井の三羽烏に速球派右腕・沢村ら大学の投手が注目される今年のドラフト会議。

関西のしかもかこにプロ野球選手を一度も輩出していない中央球界では無名の天理大学から隠し玉としておくには惜しい逸材がいる。

小山 雄輝。

細見ながら187センチの長身から投げ下ろす最速149キロ右腕に、各球団のスカウト陣は大きな将来性を見いだしているようである。

タイプ的には西武ライオンズの岸に似ているかもしれない。長身もさることながら身体的特徴として手が大きく右手中指の先から手首まで22センチもある。
片手で硬球5個を持つことができるというメジャーリーガー並みのフィジカルである。長い指を使い投げ込むフォークは身長の高さとあいまり急角度に落ちる絶対的な武器である。

フォークのほかにカーブ、スライダーなど駆使する本格派右腕でそういう意味からも”岸2世”と呼んでもでもいいかもしれない逸材である。

手の大きさだけでなく大学では2年まで50メートル6秒0を誇る俊足内野手としてプレーし身体能力の高さは折り紙つきである。
投手転向後の経験が浅いことから今後大きく成長する可能性を秘めたプロのスカウトが気にする「のびしろ」をまだまだ持っている選手だけにドラフト下位でも必ず指名される選手ではないだろうか?

不安定だった球筋を安定させるため 上半身主導の投球フォーム修正に着手したところすぐに成果を見せ、以後着実に成績を伸ばしたあたりはフィジカルの高さに加え「のびしろ」を感じさせるには十分な逸話である。

阪神大学リーグでやっと一部に昇格したようなチーム初のプロ野球選手の誕生はいよいよ現実味を帯びてきたかもしれない。

小山 雄輝。

覚えておいてもらいたい

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

close