無料
エロ
動画

澤穂希

  • 2010/11/14(日) 20:43:36

澤穂希。

この一人の女子サッカー選手を日本はもっと注目してもいいのではないだろうか?といつも思う。

サッカーは男子が圧倒的人気でワールドカップの予選ですら一喜一憂するのに女子サッカーとなるとなかなか盛り上がらない。
男子が惨敗した北京オリンピックでもベスト4に入りメダルにもう一歩のところまで行った事もあまり知られていないのは悲しい限りだ。

そんな『なでしこジャパン』の中盤で圧倒的な存在感を放つ背番号「10」。15歳の中学3年生から青いユニフォームに袖を通しているまさに日本女子サッカー界の伝説である。

今なおトップレベルのフィジカルとテクニックで日本代表の中心選手として活躍を続ける“なでしこ界のレジェンド”、澤穂希選手。日本人歴代トップのキャップ数を誇る大エースをもっと取り上げてもいいのではないだろうか?

15歳で代表に初招集されアジア女子選手権で初出場すると中学生ながらデビュー戦で4ゴール。以後、五輪(1996年アトランタ、2004アテネ、2008北京)、W杯(1995、1999、2003、2007)などに出場。国際Aマッチ156試合出場は、男子歴代1位の井原正巳氏の122試合を上回る日本人トップである。

海外挑戦したのも澤が最初だったし日本リーグ(Lリーグ)初のプロ契約選手も澤だった。
まさに日本女子サッカー界を一人でひっぱてきた開拓者でありまさに”伝説”である。

類まれな身体能力に加えスピード豊かなドリブルと決定機を確実にものにする世界に通用するFW選手だったがここ最近ではトップ下にウィングにボランチにとマルチにこなすユーティリティープレイヤーとして存在感を見せている。ボール奪取能力と展開力に戦術理解度も高い。足元のテクニックなどどれをとっても世界で通用する選手である。

「苦しい時は私の背中を見なさい」といまや最年長になった代表で若いチームメイトに難しい状況で試合に臨む時や苦しい時に声をかけ強烈なキャプテンシーでチームを鼓舞する。

「苦しい時間帯に、経験のある選手が声をかけて若い選手の気持ちを上げていくのはもちろんですけど、やっぱり口だけじゃなくて、自分がグラウンドで表現していかないとついてこないですよね。『絶対に勝ちたい』という気持ちを前面に出していくというか。勝ちたいという気持ち。絶対に負けたくない。」
このハートの強さも今の男子のフル代表には無い気がしてならない。

現在代表通算75ゴール。これは釜本邦茂持つ代表通算ゴール代録に並んでいる。まだまだ現役でいる以上この記録更新は時間の問題であろう。そして新たな勲章を手に入れる事になるのだろう。

澤穂希。

日本の女子サッカー界をけん引し続ける”伝説”をもっと注目してもらいたい。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

close