無料
エロ
動画

土井健大

  • 2011/07/16(土) 09:00:00

オリックスの顔にと成長しつつあるT−岡田を人は『浪速のゴジラ』と呼ぶ。大阪の名門・履正社高校出身でオリックスへ進んだ経歴までは同じで『浪速のミニラ』と異名をとった一人のキャッチャーがいる事をご存じだろうか?

岡田に比べサイズは一回り小さいが岡田以上に速い球を叩くことや強い打球を飛ばすことでは岡田のポテンシャルをしのぐ逸材であったはずだ。

そう横浜に住む野球ファンに言われ高校時代のVTRを見返してみた。

当時大阪には高校NO,1左腕と呼ばれた辻内(現・巨人)がいた。

左バッターとはいえ辻内相手に完全に腰が引けスピードに対応できていない岡田に対して土井はしっかりと対応していた。インコースに入ってくるボールをしっかりと見切りライト方向にクリーンヒットしたセンスに非凡なものを感じた。

高卒キャッチャーの育成はチーム方針でどうにでも変わってしまう。長い目で見て育てるだけの時間とチーム力があればいいのだが無いチームは秀でたバッティングセンスだけを取り上げキャッチャー育成にはスグに見切りをつけファーストや外野にコンバートしてしまう傾向がある。

ちょっと小太りタイプの昔ながらの捕手と言った感じの土井もそんなチーム事情からか入団してスグにファースト点功を命じられてしまう。捕手としても中々の力量の持ち主だっただけに今思えば残念でならない。

配球に関しては時折セオリーから逸脱し痛打を浴びるシーンを見るがこれは結果論であり、その配球で抑えたら「斬新だ」とか「裏の裏をかく天才」と評されていたと思うのでここでは触れないようにしておこう。

スローイングスピードも実際に生で見た訳でなくあくまでVTR上の計測だが2秒前後で高校レベルではトップクラスだがプロの世界では普通ぐらいではないだろうか。肝心の肩の強さもプロの世界では並である。

そう思うとオリックス球団のキャッチャーへの見切りは間違っていなかったのかもしれない。

そうなれば後はバッティングで開花するしかなかったのだが・・・

独特のフォームから重心がグッと沈ませ踏み込んで来るので、多少上下に頭が動く悪癖がある。但しこのフォームが岡田をしのぐ土井独特の打球の強さを生みだしているのだから良い癖でもあるのは事実である。

むしろ修正しないといけないのは身体の開きが早いのと軸足の形が前に崩れて身体が前に突っ込み気味の所だ。

T-岡田よりも強い打球を飛ばせる要素が詰まったフォームであるがその反面、足を高くあげても全く軸がブレなかったT−岡田に比べると土井の動きには波がある。というか有りすぎる気がする。

そういう面が修正されないまま昨年、とうとうオリックスを戦力外になってしまった。これがプロの世界なんだ。

「捨てる神いれば拾う神あり」

土井のチームへの忠誠心、2軍戦とはいえ大きな声を上げベンチを鼓舞するハッスルさを買った人がいた。

巨人の2軍監督を務める川相の目にとまった。「2軍戦であんなに声を上げベンチを盛り上げる選手はいない」とそのハートに目をつけ育成枠での獲得を球団に直訴したらしい。川相監督の熱いラブコールに応える日がいつか来るだろう。

オリックスでは花が咲かなかったが巨人の育成枠からもう一度這い上がってきてもらいたい。

土井健大。いつか東京ドームで会おう。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

close