無料
エロ
動画

ボストンレッドソックス  優勝に沸き、A・ロッドを狙う

  • 2007/10/31(水) 11:24:24

熱い熱いメジャーの1年が終わった。ボストンの僕にとって最高の形で。スイープ(4連勝・負けなし)で優勝したのだ。







エースのカート・シリングはさすがに峠は過ぎた感は否めないが、松坂とベケットの2枚の新エースに’癌’を克服した期待の左腕レスターに岡島、デルカーメン、ティムリンのブルペン陣、抑えのパベルボンと投手陣は磐石だった。『ビッグパパ』オルティーズや『ボストンの暴れん坊』ラミレスの主軸にルーゴ、クリスプ、ペドロイア、エルスバリーと内外野に俊足・攻守の若手がぞろぞろ・・・。客観的に見ても来年以後も十分戦える感じがする。







「来たれ黄金時代!」。黄金時代に君臨するためにファンとして補強を考えてみた。欲しいのは左の先発ピッチャーとグリーンモンスターを超える力のある大砲。

投手では『クリープランドの巨漢左腕』CCサバシアなんかは個性派集団「ボストン」の中でも更なる輝きをみせそうだがさすがにインディアンズも簡単には手放さないだろうし獲得は難しいだろうということでいう事で夢物語としておこう。
しかし、右の大砲は是非とも欲しい!
しかもいた!しかも身近に!!永遠のライバル球団に!!

その名は『アレックス・ロドリゲス』通称『A・ロッド』。今年も相変わらずのポストシーズンの打撃不振でニューヨーカーをガッカリさせたものの史上最年少の500号ホームランと32歳という若さ、なによりメジャーリーグ生粋のスター選手なのだから魅力は十分だ。





永遠のライバルであるヤンキースはトーリ監督の解任(辞任?)にはじまり、
過去幾多のピンチを伝家の宝刀カットボールで切り抜けヤンキースのピンチを救ってきた男『カリブのストッパー』リベラや精神的支柱『ニューヨークの守り神』ポサダとの契約問題・・・相変わらずのお家騒動に嫌気がさしたのか違約金を払ってまで退団を決めたとか決めてないとか・・・。


「是非ほしい!」「ピンストライプに袖を通した男に赤い靴下は履かせない」というのが長年にわたり「ヤンキース」に敵対心を持っていた熱い「ボストン」ファンの心情らしいがやっぱり見てみたいグリーンモンスターを軽々と越える弾道を。

バリーボンズのメジャー最多ホームラン越えはもちろん「世界の王」の868号もクリアできる現役唯一可能性を秘めた選手にグリーンモンスターは強敵すぎるかもしれないしポジションも内野のショートには先述のぺドロイア、サードには大砲ローウェルがいるので現実にはなかなか難しいのかもしれないが見たいものは見たいしアンチヤンキースの僕としてはお返しをしたいわけで。
86年間苦しめられてきた『バンビーノの呪い』のお返しに『A・ロッドの呪い』として。


この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

close